SEOで稼ぐキーワードの探し方をマスターすれば、年間や1600万円以上の収益を叩き出せる!

SEOで稼ぐキーワードの探し方をマスターすれば、年間1600万円以上の収益を叩き出せる!

SEOならびにSEOアフィリエイトにおいて、検索ユーザーの意図が明確であり、購買意欲が高くライバルが少ない勝手に稼いでくれるキーワードを、たった1時間で100個以上見つけ出す方法は、誰もが知りたいはずです。

なんてったって、稼ぐキーワードを見つける事が出来き、あなたのサイトが上位表示すれば、24時間、365日広告費O円で集客してあなたの売りたい商品やアフィリエイト案件などの自動化されたキャッシュポイントがつくれますからね。

ただ、私も以前は、このキーワードの選びは大の苦手で、いざキーワード選びの作業に入るとなかなかいいキーワードが見つからないので、イライラ、モヤモヤしてきて時間だけが過ぎ、ストレスマックス状態・・・

でも、稼げるキーワードの選び方のコツさえ分かってしまえば、ストレスフリーで選定作業に専念できるようになりました。その結果、下記のような稼いでくれるキーワード群を1時間たらずで選定できるようになりました。※下記のある美容系のキーワードです。

ということで、このページでは、キーワードの選び方のコツについてお伝えして参ります!

 

 

■コンテンツVSキーワード

いきなりですが、あなたに質問。

Q・SEO対策でアクセスを集める場合、「コンテンツ」と「キーワード」の優先順位が高いのはどっち?

 

すぐに答えを言いますが、ずばり「キーワード」です。

ブログやサイトにアクセスを集める為に何よりも大事なことは、コンテンツ内容だと思われがちですが、それ以前の問題であなたのサイトに、アクセスを集める為の集客方法を間違えてしまったら・・・。

せっかく作ったコンテンツも残念な事にアクセスが集まらず、結果として利益を生ませることはできません。

■確かに、コンテンツ内容は重要です。しかしです。

たしかに、今のSEO対策ではコンテンツは重要な上位表示の要素です。しかし、幾らコンテンツの中身が充実していようとキーワードを一歩間違えれば「意味のないもの」になるのも事実です。アクセスが集まらず、見る人がいないわけですから・・・。

すなわち、SEOはもちろん、リスティン広告などのインターネットマーケティングでの集客方法として、検索エンジンでアクセスを集める為に、一番初めにやらなければならないのが「キーワードの選定」なんです。

■ツールを最大限に有効に活用している方は少ない

あなたがキーワードを選ぶ時には、色々な有料、無料のツールを活用されていると思います。たしかに、そういったツールを使えば無数に出てきますし、使っている方も多いと思います。高性能なツールを使って抽出した膨大な数が出てきますし、とても便利です。

ちなみに私が使っているツール

しかし、その無数に出てきたキーワードのどれが「稼げるキーワード」なのか?もっと言えば「勝手に稼いでくれるキーワード」はどれなのか?を見つけ出す事が出来ない限り、いくら高価な高性能のツールを使っても稼ぐキーワードを見つけることはできません。そこで「稼ぐキーワードの選定のコツである「思考法」が必要になります。

高性能なツール自体は非常に便利ですが、そこには、稼げるキーワードの本質や、選ぶコツという思考法を理解している必要があるわけです。

穴場のキーワードを狙って記事を作る・・・というのが超定番です。ただ、ライバルの少ない「穴場キーワード」と、ライバルが少なく「商品が売れるキーワード」とは、明らかにビジネスにおいての質が違うという事なのです。

ツールを使うにしても根本的に稼ぐことのできる選定方法が必要だという事です。ここを大きく間違えると売り上げは残念な結果を招くことになります。

■キーワードの本質や選ぶコツ

ですので、「便利に見つけた大量のキーワード」の中で売れるのか売れないのかの選定ができなければなんの意味もありません。

つまり、キーワード選定の本質や思考法を理解していないとどうなるのかというと、なんとなく穴場で上位狙えそうだからという理由だったり、なんとなく浮かんだ誰でもたどり着くようなキーワードしか選ぶことができず、ライバルだらけのレッドオーシャンで戦うしかないのです。

レッドオーシャンはライバルが多く強者だらけの弱肉強食の世界です。それ相当のお金と時間と労力がないと、とても稼ぐことのできない厳しい世界なのです。

「FX」という超激戦区で勝利でも・・・】

私も以前は、このキーワードの選びは大の苦手で、いざ作業に入るとなかなかいいキーワードが見つからないので、イライラ、モヤモヤしてきて時間だけが過ぎ、ストレスマックス状態・・・。

結局、キーワードの本質や思考法を持ち合わせていたなったので、これまでレッドオーシャンでの戦いを余儀なくされました。その副産物として、私自身SEO対策のノウハウを嫌でも身に付けて行ったという経緯があり、グーグルのガイドラインギリギリの外部SEO対策をがっつりやることで、アフィリエイトビジネスで『FX』というの超ビックワードの激戦区において、3年間ぐらい1ページ目をキープしていた事があります。

■超激戦ビックワードで上位表示するといくら稼げるの?

ちなみに、超激戦ビックキーワードで上位表示するといくら稼げると思いますか?

当時は月額で100万円以上の報酬を受け取っており、年間で1000万円、トータルだと3年間で4000万の利益を叩き出していました。

しかし、グーグルのルール変更によりペナルティ判定をされ、一瞬で売り上げがゼロになりました。ほんと経営者としては痛手で2日間ぐらい、遠い目で空間を見つめていました(汗

でも少なくとも私は、ペナルティ判定されるようなSEO対策でのキャッシュポイントも必要だと思っています。成功した暁には大きな利益が待っていますので。

■安定的に稼ぐ為のSEOロングテールキーワード戦略

この挫折で、過剰なSEO対策をしなくても、アクセスを集めることができて、しかも稼いでくれるキーワードで、コストを掛けずに安心して、そして安定したキャッシュポイントも絶対に必要だと痛感しました。

 そこでロングテールキーワードを狙うという戦略になるのです。キーワードの選定は「組合せ」によるロングテールを狙うという事は周知させています。しかし、ただ単に、羅列すれば稼ぐキーワードを見つけ出すことが出来るのか?

もちろん答えは、NOです。稼ぐキーワードは見つけることはできませんし、稼げません。

【実証!SEOロングテール戦略】

■実際に選定したキーワードを公開

上記の画像の142個のキーワード群は、1時間程度の作業で見つけ出しました。ちなみに、紹介している商品は何だと思いますか?答えは、

 

【バストアップ関連商品】

 

を販売するためのキーワード群です。ですが、「バストアップ」というキーワードが、一切入っていないに気づかれましたか?そうです、この後お伝えする思考法を習得することにより、

誰もがすぐに思い浮かぶ、「バストアップ」+関連キーワードという複合キーワードではなく、意図が明確であり、購買意欲が高い、稼いでくれるキーワードを抽出することが可能になるんです。

ですので、キーワード選びの思考法さえ分かれば、「意図が明確であり、購買意欲が高く」しかも「ライバルも少ない」キーワードを1時間で100個以上見つけることが可能になります! 稼げるキーワードを見つける思考法を身に付ける事によって、ライバルが少ないという事は過剰なSEO対策をしなくても上位表示され利益を生んでくれるので、ペナルティを受けるリスクもなく、しかも一度上位表示されれば長期間安定して利益を生んでくれる稼げるSEO対策でのロングテール戦略は

■検索ユーザーの50%は3つ以上の「複合キーワード」で検索

検索ユーザーの検索エンジンを使用するときのリテラシーが高くなった現代では、検索する際に検索ユーザーが検索窓に打ち込むキーワードの数は3つ以上の複合キーワードでの検索が50%を超えると言われています。

とりあえずビックワードで検索するユーザーは減少しており、自分の探している答えをピンポイントで探すという検索スタイルになっているので、この検索ユーザーの検索行動は今後さらに加速すると思います。

また、スマホの普及によりSIRIなどの音声検索も増えており、その際には「話言葉」による検索になります。当然複合キーワードでの検索となります。

■選定した1831個のキーワードで月間ユニーク数7000人以上

ちなみに弊社でのアフィリエイトビジネスでのキーワード選定スキルを活用した場合の、バストアップ系のサイト例を公開しますと、月間ユニーク数は7000人以上、月間ページビューは1万PVを超えます。

アクセスを集める為の最強の武器であり、アフィリエイト報酬の源泉となっている、ユーザーが打ち込んでサイトに訪れた検索キーワードは1813個なります。

■ロングテールのアフィリエイトでの利益は?

で、気になるのは、肝心のロングテールによるSEOアフィリエイト戦略でいくらの利益が上がるのか?ですよね。それは下記の画像を見てください。

 

■ASP・c社

■ASP・A社

■ASP・B社

現在3つのASPを使いロングテール戦略でのアフィリエイトビジネスで、2014年10月から2017年2月までの約2年半で各社からの報酬は、A社9,699,735円 B社5,522,464円 C社1,468,455円となっており、総額1600万円以上の報酬を受け取っています。

■意図が明確で、購買意欲の高いキーワードが必要

例え複合キーワードで魅力を惹きつける文章やコンテンツを作成しても、意図が明確で購買意欲の高いキーワードで的を絞れているのかどうかで、同じコンテンツでも売り上げは何倍も変わってくるわけです。

つまり選定したキーワードとコンテンツのマッチングが必要です。その検索ユーザーの持つべき意図を考え、SEOでのキーワードの選び方で大きく利益に直結するということです。

そこに必要なのは何かというと、冒頭でもお伝えした「選び方の本質と思考法」です。

【キーワード選定のコツ】

■キーワード選定のコツ・その1キーワードの本質を理解する

選ぶ時のコツはズバリ、「人」なんです。この本質を理解していないと稼いでくれるキーワードを見つける事はできません。ではなぜ、キーワード=「人」だと言い切れるのか?

それは、キーワードは検索ユーザーである「人」が検索窓に打ち込んでいるからです。そして検索ユーザーが検索窓に打ち込む時には、

検索ユーザーが検索窓にキーワードを打ち込む時には、
■「何かの問題を解決したい」 ■「悩みを解決したい」
 

というユーザーが抱えている問題や悩みを文字に変換して、インターネットで解決策を探しているんです。そして、この世に出ているすべての商品やサービスは問題を解決するためのものであり、ソリューション(解決策)を提示しているということです。

つまり、悩んでいて問題を解決したい人と解決策をマッチング(結びつける)させるのが検索キーワードなんです。ですので、ユーザーが何に悩んでいるのか?
その悩んでいる人はどういった文字により解決しようとしているのか?
が見つけだすことが出来ればいいわけです。これが選び方の本質という事です。

■キーワード選定のコツその2・キーワードを選ぶ時の思考法

そしてキーワードの思考法に関しては、インターネットユーザーが検索するときの思考と行動パターンを逆算すると

検索ユーザーの思考、行動パターン
■検索窓 (Google、yahoo!に質問する)
■文字 (キーワード)
■言語 (変換)
■頭の中 (思考)
 
 

つまり、答えは他人の頭の中という事なのです。だから、いくら自分の頭の中で考えても出てこないのです。意図が明確であり、購買意欲が高いキーワードを見つけるポイントは他人の頭の中の視覚化なのです。では、どのように他人の頭の中を覗き込み、視覚化するのか?

■キーワード選定のコツその3・キーワードの視覚化

キーワードを選ぶ1つの方法として、ペルソナの法則を活用する方法があります。ペルソナの法則とは仮想人物に対してニーズ分析し、その結果を活用していくマーケティング手法です。しかし、キーワードの選定時においては、そのペルソナの法則にも限界があります。

ペルソナはあくまでも、あなたの頭の中で考えた人物像なので、あなたの思考の外ではないからです。ユーザーが本当に悩んでいることや問題は、見込み客であるユーザーの頭の中を覗き込まないと分かるはずがないのです。つまり、あなたが思いついた思考の外側に、稼いでくれるキーワードあるという事です。

■キーワード選定のコツその4・キーワードをずらす

選ぶの時のテクニックの1つとして、「ずらす」という方法があります。例えば「ダイエット」でも同じ意味をも、

ダイエットの類似語

◎ 食事制限 ・ 節食 ・ 減食・減量 ・ 軽量化 ・ ダイエット ・ シェイプアップ

◎ 贅肉を落とす ・ 減量する ・ ダイエットする ・ 体重を減らす

◎ 贅肉を減らす ・ ダイエットをする ・ シェイプアップする ・ 痩せる

◎ ウェイトを落とす ・ 体重を減量する ・ 体重を落とす ・ 脂肪を燃やす

◎ 贅肉を削ぎ落とす ・ 体を絞る ・ 脂肪を燃焼させる ・ ぜい肉を落とす

◎ ぜい肉を削ぎ落とす ・ 体を引き締める

 

また、目的は一緒だとしても、人それぞれおかれている状況や環境によって打ち込むキーワードは違ってきます。また、例えばバストアップの場合だと、

 

バストアップの類似語

◎ 垂れ乳

◎ 離れ乳

◎ 豊胸

◎ 胸 マッサージ

◎ 胸 を大きくする

◎ 小さい 胸

◎ しぼんだ 胸

◎ 胸 張り 生理前

◎ 授乳後 バストアップ

◎ 卒乳 など

 

があり、「授乳後 バストアップ」などは、出産し授乳期が終わった後、バストの関しての事柄について調べようとする意図があり、同じバストアップという事でもシチュエーションの違いで打ち込むキーワードが違ってくるのです。

上記のようにキーワードを選ぶ時の「思考法」を持ち合わせていないと稼ぐキーワードにたどり着けないのです。

■キーワードの選定のコツが分かれば・・・

選び方に関しては、インターネットマーケティングの最初の一歩であり、キーワードの重要性を理解しているかどうかが、成功するかしないかのカギを握っています。

実際にキーワードの選び方とは「集客」であり見込客をあなたのサイトへと「誘導」するという役割をもっており、マスターすれば売上を伸ばす事ができます。

つまり、キーワードの選び方→集客→売上アップという方程式が成り立つわけです。この方程式は、業種業態に関係なく、あらゆる商品やサービスに応用できます。

今回のスキルをマスターした場合、例えば、あなたが経営者や個人事業主であれば、

 
ユーザーの思考(頭の中)は?
◎あなたの商品やサービスを欲しいと思っているユーザーの悩みは何か?

◎どういう意図で検索ユーザーはあなたのサイトを見つけ出すことが出来るのか?

 

を、あなたの頭の中の範囲を超えない誰でも思いつくようなキーワードでななく、他人(見込み客)の頭の中を覗き込み、ユーザーの生の声ともいうべき真の悩みや問題を、サイト運営者であるあなた自身が明確に把握することができれば、検索エンジンからの莫大なアクセスを集め売上をアップすることが可能となります。

これは、いかに集客の為の広告費の費用対効果を最大限にするかが命題のWEB担当者であれば、集客に成功し売上をアップさせれば社内での評価が上がり一目置かれる人物となります。

■いろんな業種で活用できるスキル

 

コーチ・セラピスト
また、無形のサービスや商品を扱っている場合は、本編でお伝えしておりますが、Yahoo!知恵袋だけでなく、誰でも知っている有名なあるサイトが威力を発揮します。そしてこのスキルは少ない労力で利益を上げたいのであれば、必須のスキルになります。通常の集客よりもキーワード選びにおいては、とてもシビアなジャンルです。
アフィリエイター
多くのアフィリエイターの方は、がっつりSEO対策をかけてペナルティのリスクに怯える事なく、ライバルの少ない市場で、誰も気が付かない稼いでくれるキーワードを用いて迷いなくコンテンツ作りができ、安心して安定的に継続性のある収入源の確保も目指しています。このスキルはそれを可能にし、時代の波にのまれることなく、自分の力で稼ぐ事ができる一生涯使えるスキルと言えます。
飲食店、店頭販売
また、あなたが飲食店や物販などのリアルで店舗を構えてのサービスを展開されている場合は、地域性や見込み客がどんな時にあなたのお店と関連するキーワードを検索窓に打ち込んでくるのかを理解することで、ライバルとのインターネット集客でのアドバンテージを持つことが可能になり、1人勝ち状態となる可能性が高くなるスキルになります。
コンアルタント
さらに、あなたがコンサルタントとしてコンサルティングサービスを提供している場合も、クライアントの商品やサービスに関しての見込み客のニーズや悩みを把握することができ、結果クライアントの売上をアップさせる事にも繋がり、クライアントから「いいコンサルトと出会えてよかった!」と喜んでもらえるスキルになります。

■キーワードの選び方を間違えると・・・

このキーワード選定スキルなしでインターネットマーケティングで効率よく利益を上げることはできません。インターネットでは、なんと言ってもアクセスが命なんです。当たり前ですが、サイトはアクセスがあって初めて収益化するんです。

今後、あなたのサイトがインターネットで集客できない閑古鳥が鳴きっぱなしの、ただただ綺麗なサイトで自己満足できればそれでいいというのであれば、リサーチスキルはまったく必要ありません。

効率よく低予算で見込み客を集客しアクセスを呼込む為には、キーワードを選ぶというマーケティングの初動作業では、絶対に失敗してはいけないポイントなのです。

また、適当に選んだキーワードでは、集客できるどうかという不安を抱えながらのコンテンツ作成となり、自身をもって良質なコンテンツの情報発信できなくなってしまいます。

そして、あなたの商品やサービスを必要としている見込み客がなんの悩みあって、その悩みを解決しようと思っているのかを理解してマーケティングをしない限り、インターネットでの集客は莫大お金と時間を費やすことになります。

【選定キーワードで効果的なSEO対策】

これまでお伝えしたキーワードを選ぶときの4つのポイントを押さえ、稼げるキーワード群を見つけたら、いよいよサイトやブログにアップしSEO対策をしていくわけですが、その時のSEO対策のポイントをお伝えします。

■SEO対策1・タイトルにキーワードを必ず入れ込む

これまでお伝えしたキーワードの選定するときの4つのポイントを押さえ、稼げるキーワード群を見つけたら、いよいよサイトやブログにアップしSEO対策をしていくわけですが、その時のSEO対策のポイントとしては、選定したキーワードをページタイトルの前方に入れるという事です。これには2つの目的があります。

1つ目は検索エンジンには、何について書かれているページなのかを認識させる。2つ目は上位表示を達成したとき、その検索結果にはSEOだけでもデフォルトであなたのサイト以外に9サイトのURLが表示されます。

PPC広告などを入れると10~15サイトぐらいのURLが表示される訳です。そこで、その中からあなたのサイトをのURLをクリックしてもらう必要があり検索ユーザーの目に留まりやすくしなくてはならないからです。2つのポイントを

■選SEO対策2・メタディスクリプションにキーワードを散りばめる

また、メタディスクリプションにターゲットキーワードを散りばめて表記させます。理由は2つ。1つ目の理由は、検索エンジン向けにページを情報を提供する為。

もう2つの理由は、タイトルにキーワードを入れる理由と一緒で、検索結果ページで検索ユーザー自身が打ち込んだキーワードを認識し、クリックしてもらうというユーザー誘導の為の施策になります。

■SEO対策3・キーワードのグルーピング

稼げるキーワードでSEO対策をしてキャッシュポイントを作る為には、ユーザーの意図をこちらが把握する必要があります。つまり、潜在顧客なのか顕在顧客を分け、それに合ったコンテンツを提示しなければいけないという事です。

ただ、これまでは検索ボリュームを注視し1キーワード=1記事というサイト構成よりも、顕在顧客が打ち込むキーワードに関しての類似性を加味しグルーピングをする必要もあります。

例えばアフィリエイト商品が男性が使う化粧水であれば、これまで、「男性化粧品 お勧め」「男性化粧品 ランキング」 「男性 お勧め 通販」という3つのターゲットで3つそれぞれの記事で上位表示を狙う戦略ではなく、

「男性化粧品 お勧め」「男性化粧品 ランキング」 「男性 お勧め 通販」の検索ニーズでグルーピングをして1つにまとめて1記事を上位表示させる戦略が今後は主流となっていきます。

まとめ

ここまで、読んでいかがでしたか?

検索ユーザーの頭の中を覗き込みこむという、キーワードの選定のコツを掴めば、SEO対策での戦術の1つとしてロングテールで検索ボリュームに惑わされることなく、アクセスを集める事が可能になります。是非、今一度ご自身のサイトを検証してみてください。


■さらに詳しくキーワードの選び方を学びたい方、ステップバイステップで順序良く選び方のコツをお知りになりたい方に、動画を交えながら解説している無料オンラインメール講座があります。

オンラインメール講座では、こちらのぺ―ジでは公開していないロングテールSEOでの集客などの特別動画もあります。動画を交えた無料講座ですので理解度が高まります。是非、無料登録してキーワードの選び方のコツである稼げる「思考法」を習得してください。


■LINE@ WEBでのビジネスに必要なマーケティングノウハウ、SEO対策、アフィリエイトノウハウ、リスティングノウハウ、FP広告などの情報をいち早く発信しています。是非、登録して情報収集源として活用して下さい。

今なら、LINE@登録でアマゾンビジネス部門1位になった高島の書籍「スマホ1台でもう一つの収入源をつくる方法」の原稿PDFをプレゼントしております。今すぐ、下のバナーをクリックして書籍PDFをゲットしてください!

この記事が役に立ったと思われた方は、いいねやシャアなどしていただけたら幸いです!

      ↓↓↓↓